こちら、

「あなたの役に立ったらいいな~!」

公認心理師ふわりのページです。

短所を長所に言い換えるのはいいけれど、

そんなことやっちゃってたら、
欠点は欠点のまま
いつまで経っても直らないんじゃないか、

な~んて言う疑問が出てくるかと思います。

 

特に、子どものしつけや
後輩の教育を担っている人は、
迷ってしまうことでしょう。

 

でも、これにも方法はあるのです。

 

まず、短所を長所に置き換えて
その人の良い点を伝えます。

この時、必ずしもほめなくてもいいんです。

あなたにはこういった良いところがあるよね、
さらっと流しながらも、
そういう気付きを相手に与えます。

 

セルフケアをする場合は、
自分自身への気づきとして受け止めましょう。

 

そしてその後に付け足すのです。

さらにこういった点に気を付ければ、
もっと良くなるよね、
とか、

こういったところは直していったら
いいと思うよ、
とか、

頭ごなしの否定的な言い方ではなく、
どのようにしていけばいいのかという
道筋を相手に与えていくのです。

 

もちろん、自分に対しても同じ。

こういった点を良くしていけばもっと上手くいく、
こんなところを気を付ければ、周りも応援してくれる、

そんな感じで、自分が気を付けるべきところを
探っていくのです。

頭ごなし、上から目線の注意ではなく、
アドバイスとして話をしていくと
反発が起きずに

「そっか」と納得の方向に向いていきます。

 

そうすればしめたもので、

具体的にどうしていったらいいのかは
自分で気を付けて考えるようになります。

 

誰かからか言われてしぶしぶするのと、
自分で気づいて気を付けるのとでは
結果が違ってくるのは当然のこと。

 

欠点だと思われるような部分が
完全になくなるようなことはなくっても、

良いところが目立ち、
悪いところは影に隠れて、
人間だから、欠点もあるよね、と、
容認できるようになっていくんです。

 

例えば、慎重すぎて
石橋をたたいて壊しちゃう子には

あなたはいろんなケースを考えて、
その対処法を出していけるけど、
思い切って行動に移すことも大切よ。

 

落ち着きがないと言われる人には

チャレンジ精神が旺盛で、
すぐ行動に移せるのはとてもいいことだけど、

いろんな場合を想定して、
その可能性をじっくりと落ち着いて
考えてみるのも面白いと思うわよ。

 

もちろん自分にも
このように言い聞かせてみてください。

もう一人の自分が自分に向かって
話をしている、と想像するのです。

 

また、言い方はいろいろあるので、
ぜひとも自分なりの言い方を見つけてくださいね。

 

あなたの心、ふわりと軽く♡

 

ごめんなさい。
今日から4日間、木曜日まで

「ハートリゾート&ボディケアふわり」は
お休みいたします。

金曜日、8月5日は
9:30~17:30
元気にオープンいたします。