なんて不思議がるお子様は
いらっしゃらないでしょうか?

もちろん、実際に空気の層が
厚くなるわけではありません。

高気圧のせいなんですよね~。

海で育った夏の高気圧は
たくさんの水蒸気を含んでいて、
太陽光はそれほど分散せず、
空が白っぽく薄く見えるわけ。

ところが秋の高気圧は大陸生まれ。
なので乾燥して、
あまり水分を含んでいません。

最近、肌が乾燥して、
美容に影響があるわ~、
なんておっしゃっているお母様、
正解です!(笑)

余分な水分がないため、
空気分子が太陽光の青や紫を散乱させ、
空が青く、高く見えるということなんです。

また、雲の位置も重要な要素。

秋に見られる、もこもこのヒツジ雲、
すうっと流れるようなイワシ雲は、
夏の入道雲やふんわり綿雲より、
空の高いところに位置します。

つまり、目線が高くなり、
雲の下の空の割合が大きくなるので、
空が高く感じるってこと。

それと、あともう一つの原因が
空気の透明度!

水分が少ないので、
海育ちの夏の高気圧より
透明度は高いのは当然なのですが、

春の霞がかった空に比べ、
秋は透明度が高いのです。

大陸の地面の状態からそうなるとか。
夏の間に生い茂った草が、
ホコリや砂を空気中に舞い上がるのを防ぐため、
空気が澄んだままになるそうです。

いろんな条件が重なるわけなんだけど、
つまりは目の錯覚!
人間の脳は簡単にだませちゃうんですね。

ともかく、天気が良い日が続くこの時期。
お子様と一緒に空を見上げてみてください。

運が良ければ、ごくたまに
「彩雲(さいうん)」と言う
色付きの雲が見られます。

天気が回復するときに
太陽に近い、ヒツジ雲やレンズ雲の端っこ、
薄い部分に見られることが多いようです。

あなたは「彩雲」という
幸運をつかめるか?

あなたの心、ふわりと軽く♡