小話?小ネタ?見つけました。

面白かったので、まぁちょっと読んでみてください。

美人とブスの違い

相手の気持ちを何も考えずに そのまま口に出すのが「ブス」

相手の気持ちを察して ふさわしい言葉を遣うのが「美人」

批判しかしないのが「ブス」

アドバイスするのが「美人」

自分ばかり話して 相手の話を聞かないのが「ブス」

相手の話を引き出し 求めることを話すのが「美人」

他人を妬んで何もしないのが「ブス」

できることから始めるのが「美人」

自分のことしか考えないのが「ブス」

周りのことも考えるのが「美人」

周りに期待して動かないのが「ブス」

自分から声をかけるのが「美人」

いつでも心がけ次第で「美人」になれる

つまり容姿ではない、気持ちの在り方で

美人かブスかってこと。

これをルビを振って印刷して、冷蔵庫にでも貼っておいてください。

きっとお子様が食らいついてくることでしょう。

そうすればしめたもの。

人としての在り方を話し合うきっかけとなります。

ただし、自分の意見を押し付けるのではなく、話し合ってくださいね。

「お母さんはその通りだと思って

冷蔵庫に張ったんだけど、

あなたはどう思う?」

そう問いかければいいだけです。

あとはお子様の意見を聞きましょう。

意外といろんなことを話してくると思います。

お子様の意見が自分の価値観とは違っても、

「どうしてそう思うの?」

そう聞き返して、お子様に考える時間を与えてください。

その考え方はちょっと、と思うときだけ、

「そこはお母さんはこう思うよ。」

と、《私メッセージ》で自分の考えを伝えます。

これはディベートの練習になります。

ディベートは賛否に分かれて論議することなのですが、

その基礎となる、論理的に物事を考える、

自分の考えを筋道立てて話す、

と言うことが身につくのです。

お子様とのコミュニケーションにもなるし、

一石二鳥!

役立ててくださいね~。

あなたの心、ふわりと軽く♡