手伝いと言うのは、

とても大切な社会勉強です。

生活に必要な物事を

学べるからです。

 

と同時に、

子どもの自己肯定感・自己有益感を

育てます。

 

また、手伝いの中で

学習の基礎をも学べます。

 

手伝いをさせないというのは、

子どもの教育の機会を奪ってしまうだけではなく、

心の成長の機会をも失ってしまうということ。

 

ぜひ、手伝いをさせてください。

その際、親が注意すること。

子どもに振り分けた家庭内の仕事は、

「手伝い」ではなく、

その子の「仕事」にしてくださいね。

 

どう言ったことかと言うと・・・。

 

我が家では、ご飯を炊くのは子どもたちの「仕事」でした。

ですので、夕方、炊飯器がセットされていなくても、

声をかけることなく放っておきました。

その責任を自覚してほしかったからです。

 

結果、おかずはあってもご飯が食べられない

と言う日がごくたまにありました。

もちろん自分で自覚すればいいことですので、

叱ることもせず、

食卓にはおかずだけ並べたのです。

家族団らんの時が気まずくはなりましたが・・・。

 

また、土曜日or 日曜日は掃除の日。

掃除の時間を1~2時間とって、

家族全員でローテーションで分担してするのです。

 

分担箇所が早く終わればさっさと片付けて

自分の時間とします。

きちんとされている、されていないと言った

評価は一切しません。

親が掃除のし直しをするといったこともしません。

 

結果、きちんと掃除されていないと、

次自分の番の時に大変さを感じることになる、

子どもたちは自然と気づきます。

 

「先週ここ掃除したの誰~?」

なんて愚痴も出ますが・・・。

 

あと、手伝いを責任のある子どもの仕事とはしますが、

子どもをほめることを忘れずにしてください。

 

「いつも助かるよ」

「さすが〇〇ちゃん」

こういった言葉は

誰かの役に立っているんだという

子どもの自己有益感を育み、

それが生きることへの自信につながります。

 

上手くできていないところは

「こっちはとっても上手にできたから、

ここをもう少しこうするといいよ。」

と、できているところをほめて、

そのあとアドバイスと言う形で

子どもに指し示しましょう。

 

「ここができてない」

「こんなこともできないの」

それらはNG言葉。

 

自分が職場で上司からそんないい方されると

とっても嫌ですよね。

それと同じです。

 

結局子どもの手伝いは

親の忍耐の上に成り立つものかもしれません。

 

あなたの心、ふわりと軽く♡