冬至とは、1年で最も昼間が短い日。
その分、当たり前ですが、夜が長くなります。

しかし、これは北半球での話で、
南半球、オーストラリアなどでは、
反対に夜が短く、昼間が長くなります。

ちなみに、南半球では今からが夏。
ですので、ある地域では、
クリスマスのサンタクロースは
サーフィンに乗ってやってきます。

そして、冬至には、カボチャを食べて
柚子湯に入るという
日本ならではの習慣があります。

カボチャは冬の野菜ではありません。
夏の野菜で、収穫は夏から秋。

しかし、カボチャは長期保存ができ、
また栄養豊富なため、
野菜が少なくなるこの時期に、
体調を崩さぬように食べましょう、
と言う意味で、冬至に食べるようになったとか。

それに対し、柚子はまさにこの時期に収穫されるもの。
ビタミンCが豊富で風邪の予防効果があるとされ、
保湿にもいいし、血行もよくするため、
柚子をお風呂に入れるようになったそうです。

しかもしゃれが入ってるんですって、
「冬至」は「湯治」つまりお風呂に入って悪いところを直す、
「柚子」は「融通が利く」体が丈夫になるという意味とか。

昔の人ってすごいですよね。

今年の冬至は12月21日。
それまでに大掃除を済ませましょう。

なぜ、冬至までに大掃除を済ませるのか。
それは冬至が1年の始まりとされるから。

よく言われる24節気(季節の区分)は冬至を起点として定められています。
つまり、自然界の正月は冬至だと言えるのです。

冬至には自然界に新しい氣が充満するということ。

その前に古い氣、悪い氣を家から追い出し、
冬至には新しい氣を取り入れることがお薦めなので、
冬至までに大掃除を済ましちゃった方がお得、と言うことなのです。

今年の冬至は月曜日、
ならば前日20日の日曜日に頑張っちゃいましょう!

そして21日の朝は思いっきり窓を開けて、
自然界の新しい氣を取り入れてくださいね。

あなたの心、ふわりと軽く♡