♪も~ぉ い~くつ寝ると~ お正月~

以前、「正月」は1月の別称でした。

1日は元日、3日までを三が日、7日までを松の内、
1月15日(地方によっては20日)が「小正月」です。

ところで、元日と元旦の違い、ご存じですか?
「元日」はその年最初の日、つまり、1月1日のことを指します。
法律でも、年初の国民の祝日とされており、
正式な呼び方として「元日」が採用されています。

一方、「元旦」。
1月1日の朝、午前中を意味するようです。
「元旦」の「旦」の時は、地平線・水平線から太陽が登ってくる様子、
つまり日の出を表していると言われるので、朝なんだそうです。

1月の和名は「睦月(むつき)」。
これは、正月に一家揃って睦みあう様子を表したものなんですって。

意味深いですね~。

そして、もともとのお正月の由来。
元旦に、実り、つまり幸せと恵をもたらしてくれる「年神様(としがみさま)」を
迎え入れる行事、とのこと。

そのために大掃除をしたり、門松、鏡餅、しめ縄を飾るんです。

「門松」は、真冬でも葉を落とさない木として、
歳神=春、を迎え入れる、とされました。
なので、松だけ飾ればいいんだそうです。
門に立てたのは、もちろん、家の入口を指し示すためです。

神様が迷子になって、来てくれなかったら困りますものね~!

ちなみに飾るのは、30日までに。
門松だけではなく、お正月の飾りはみな30日までに飾るのです。
31日だと「一夜飾り」と言って、
お迎えする歳神様に対して敬意が足りないことになっちゃうんだって。

それと、29日だと「九松=苦待つ」と言って
嫌うところもあるので、要注意!
ただ、これは語呂合わせで、本来そんなことはないそうです。

「鏡餅」って、もともとは紅白の2段だったそうです。
この鏡餅、松の内の間、歳神様の魂が宿るところなんだそう。
だから床の間に飾るんだ!

でもって、鏡餅に水引を飾るのは、神様に失礼だとのこと。
なぜって、水引は贈答用包みを閉じるってことだからだそうです。

神様の魂が宿る鏡餅はもちろん贈答品ではありません。
失礼なことすると、歳神様が逃げていきますよ~。

そして「明けましておめでとうございます」と言う挨拶。
無事に年を越し、
年神様をお迎えできた慶びと感謝の気持ちが込められています。

それより何より、
食いしん坊の私には、大切なおせち料理とお雑煮。

お正月から火を使わずに済むように、なんて言う人もいるけれど、
もともとは「節供(せちく)」と言って、
歳神様にお供えする料理なんです。
だから、幸多き年にするための料理が入っているんです。

で、三重のお重で出されますよね。
あれ、四重が正しいのだそうですよ~。

四段にはそれぞれ入れるものが決まっていて、
上から一の重は口取り(甘味)、
二の重には焼物、
三の重には煮物、
与(四)の重には酢物を入れるのだそうです。
しかも、料理は奇数個ずつ
隙間なく詰めるのが習わしだとか。

また、雑煮は中国からの伝来。
由来は諸説あって、わからないんだそうです。

中に入れるのは、本来は丸餅だそうだけど、
地方により、または家庭によりいろいろですよね。

我が家は水菜と切り餅だけのシンプルなものだったけど、
飽きると、白みそのいろんな野菜が入ったものが出されました。

夫の実家は海老やら手毬麩やらシイタケやらが丸餅とともに入り、
豪華です。

最後に神社大好きな私、忘れちゃならない初詣。

松の内に、その年の吉方の神社にお参りするのが、
一般庶民の本来の形。

で、願い事をするのではなく、
1年どのように過ごすのかの意思表明を神様にするのです。

神様にはその後押しをしてもらうだけ。
願い事を叶えてもらおうなんざ、横柄な態度ってことですね。

さぁ、今年の締めをして、新しい年を迎える準備に励みましょう。

あなたの心、ふわりと軽く♡