改めまして、
あけましておめでとうございます。

本年も心向くまま書き綴っていきます。

今回もお正月の話題を。

七日は、
完全に忘れられちゃってますが
「人日(じんじつ)の節句」という
れっきとした節句なんですって。
私も初めて知りました。

1月1日には鶏、
2日には狗(いぬ)、
3日には羊、
4日には猪、
5日には牛、
6日には馬を大切に扱い、
6日間占いを行う風習があったようです。

そして7日は、
人を大切にする「人日(じんじつ)の節句」
とされたのですって。
中国でのお話です。

それと、
日本の若菜を摘んで食べる風習が
いつのまにかひとつになり、
古来7種の食材とも結びついて、
七草粥として根付いたと考えられているそうです。

それプラス、
正しくは前日の六日までが「松の内」で、
正月はおしまい。

七日の朝には七草粥を食べて、
正月の暴飲暴食を反省する、
ビタミンを補って、無病息災を願う、
と言うことらしいですね。

春の七草は、

セリ・ナズナ
ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ
スズナ・スズシロ
これぞ七草

と覚えるといいんですって。

私はなぜか、

セリ・ナズナ
ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ
スズナ・スズシロ
への河童

と覚えてます。

何が「へのかっぱ」なのかは
自分でもよくわかってませんが・・・。

そして、
それぞれの食材には
おせち料理と同じように
込められた意味があるのです。

セリ:競り勝つ
ナズナ:撫でて汚れを祓う
ゴギョウ:仏様の体
ハコベラ:繁栄がはこびる
ホトケノザ:仏様の座る場所
スズナ:神様を呼ぶ鈴
スズシロ:穢れのない純白

う~ん、なるほど。
日本人って凄いなって思います。

七草粥で
今年の運氣を確実なものにいたしましょ♡

あなたの心、ふわりと軽く♡