子育て目標~スモールステップ~を立てる上で大切なこと。
目指す子どもの具体的なモデルを考えること。

子育て目標のスモールステップで、
3年ごとの目標を立てるとよい、と提案しましたが、
では具体的にどんな子どもを目指せばよいのでしょうか?

真っ先に考えるのが成績のことでしょう。

でもそれって本当に真っ先に考えることでしょうか?

確かに学校の勉強が良くできたほうが、
子どもの将来の夢は広がります。

弁護士や医者などは、
知識を身につけておかなければなれない職業ですから。
そういった知識が必要な職業を目指すのならば
当然よい成績を取るのは必須です。

しかし、子どもが望まない限りは、
無理して狙うものではないはず。

子どもが望んだ時に、学校の勉強が大切なことを話せば、
子どもだってちゃんと考えて、
自分の夢のために頑張れると思います。

それよりも何よりも、大切なモノって何でしょうか?

それはあなたが一番よくわかっています。
自分が大切にしているもの、
自分を幸せにする事柄を考えてみてください。

まぁ中には「お金がなくちゃ」と考える方もいらっしゃるかと思いますが、
お金じゃどうしようもないことって、たくさんありますよね。

例えば、友達、自分を応援してくれる周りの人たち、
自分で人生を楽しんでいける自立心、
また、自分で人生を切り開くチャレンジ精神、などなど・・・。

そういったものを身につけさせていくには、どうしたらいいのか。

人生を楽しむためには、
まずは自立した生活を営む力が必要です。

お金の管理をしっかりする、
食事の用意・掃除・洗濯も自分でできなければなりません。

チャレンジ精神、
これは安心安全な場がなければ芽生えてきません。

安心安全な場を自分で築いていくこと、
好奇心を養うこと、
頑張る気持ちを維持すること・・・などなど。

そして人間関係。

挨拶はもちろんのこと、
「ありがとう」「ごめんなさい」が素直に言えることや、
自己主張も当然ですが、人の話をしっかり聞けることも必須です。

こんな子に育てるには、
こういったことやああいったことが必要、
と、具体的な態度を考えていってください。

ご自身が育ってきた過程を考えれば、
おおよそのことがわかるかと思います。

その上で、これらをどの年齢で身につけさせていくか。

このぐらいの年齢で、これぐらいのことができれば、
と、おおざっぱで構いませんから、割り振っていきます。

そうしたら、そうなるためには、
こんなことを経験させていけば、
こんな話を子どもとしていけば、などと、
ご自身の過去と向き合いながら考えます。

この続きはまた次回で・・・。

あなたの心、ふわりと軽く♡